解決実績|交通事故 その示談だとうですか?弁護士にご相談ください|弁護士法人 しまなみ法律事務所

ケース例駐車場の事故で、当初、相手方が過失割合50%の主張をされていた事案で、交渉により、相手方の過失割合100%を認めて示談が成立した事例

過失割合

依頼前

最近、駐車場の交通事故の相談が増えております。大きな怪我にはいたらない場合が多いのですが、車は損傷し、修理代などがそれなりの金額になることから、過失割合をめぐっては大きな対立が生じることがあり、本件もそのような事案でした。

依頼後

ご相談の後、事故態様などについて改めて調査を行った結果、最終的には、相手方が過失100%を認めて解決するに至りました。

寄井 真二郎 弁護士のコメント

寄井 真二郎 弁護士駐車場事案においても、お互いに対物保険、弁護士費用特約が付保されていることが一般的になりつつあります。
弁護士が入った場合、裁判も念頭に置いているために、まだまだ訴訟を嫌う方は少なくありません。このような元で、客観的に相手方の主張が正当ではなくて、訴訟に至っても相手方の主張が維持できないと判断される場合には、早期に示談にて解決が図れることもあります。

一覧にもどる

交通事故 その示談妥当ですか?弁護士にご相談ください|弁護士法人 しまなみ法律事務所|損害補償・慰謝料示談などサポート連絡先 Tell 0898-23-2136